FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アン・ソンジュがプレーオフの末、大会連覇!

今季の国内女子メジャー初戦は、大会名のワールドに相応しい世界レベルの戦いとなった。通算8アンダーでホールアウトしたモーガン・プレッセル(米国)、アン・ソンジュ(韓国)、朴仁妃(韓国)の3人によるプレーオフに突入し、その1ホール目でアンがバーディを奪い史上5人目の大会連覇を達成した。

予選2日間首位をキープし大会をリードしていたプレッセルは、中盤にボギーを連発し2位集団に飲み込まれてしまった。2年ぶりの大会制覇とはならなかった。

1打差の通算7アンダー単独4位は中国のフォン・シャンシャン。通算6アンダー5位タイには全美貞と申智愛の韓国勢2人。そして、通算5アンダー単独4位に宮里美香が日本人選手最上位に食い込んだ。

2週前に米ツアーを制し凱旋帰国して大会に出場した宮里藍は、スコアを1つ落として通算3アンダー。不動裕理、茂木宏美などと並び10位タイに終わった。

宮里美香のクラブセッティング

宮里藍のクラブセッティング

上原彩子のクラブセッティング

茂木宏美のクラブセッティング

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。