FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
若林舞衣子が逃げ切りで4シーズンぶりの優勝!

国内女子◇西陣レディスクラシック最終日◇熊本空港カントリークラブ(熊本県)◇6482ヤード(パー72)

4アンダーの首位タイから出た若林舞衣子が「69」をマークし、通算7アンダーとして、2位の茂木宏美に2打差をつけて逃げ切った。2008年の「SANKYOレディース」以来、4シーズンぶりとなるツアー通算2勝目。通算4アンダーの3位タイに井芹美保子、金田久美子が入った。

地元熊本で今季初勝利を狙った有村智恵は通算1アンダー。佐伯三貴、笠りつ子、鬼澤信子と同じく8位タイでフィニッシュ。横峯さくらは通算1オーバーの20位タイで3日間大会を終えている。

「苦手な後半に入って悪いイメージがよぎったけど、素振りやシャドースイングをしながら振り払った」。13番(パー3)では1mを外してのボギーを叩くなど一時は茂木宏美に並ばれるが、16番(パー3)で4mを沈めバーディ、さらに最終18番(パー5)も残り68ヤードの3打目をピン手前1.5mにつけ、ついに待ち焦がれた瞬間を迎える。このウィニングパットを真ん中から沈めガッツポーズで大歓声に応え、長く続いた不振からの復活を告げた。

若林舞衣子のクラブセッティング

茂木宏美のクラブセッティング

金田久美子のクラブセッティング

笠りつ子のクラブセッティング

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。