上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16歳アマチュアのK.ヒュージュが最年少優勝!

◇国内女子◇サントリーレディスオープンゴルフトーナメント最終日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(兵庫県)◇6,511ヤード(パー72)

女子ツアー史上3人目のアマチュア優勝者が誕生した。通算6アンダー6位タイ、首位とは7打差でスタートした韓国のアマチュア、キム・ヒョージュが11バーディを奪い、通算17アンダーで逆転優勝を果たした。

アマチュアでツアー優勝を果たしたのは1973年「トヨトミカップ」での清元登子、2003年「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」での宮里藍以来3人目となる。ヒョージュは現在16歳332日、2003年「ミヤギテレビ-」で宮里が記録した18歳101日という最年少優勝記録を大幅に更新した。

通算13アンダーの単独2位には佐伯三貴、通算11アンダーの3位タイには一ノ瀬優希、服部真夕、全美貞の3選手が並んだ。横峯さくらは通算9アンダーの7位タイでフィニッシュしている。

佐伯三貴のクラブセッティング

一ノ瀬優希のクラブセッティング

服部真夕のクラブセッティング

横峯さくらのクラブセッティング

スポンサーサイト

全美貞、3度目の大会制覇!海外勢の勢いは止まらない

◇国内女子◇リゾートトラストレディス最終日◇グランディ軽井沢GC(長野県)◇6506ヤード(パー72)

通算11アンダー単独首位でスタートした全美貞(韓国)が、最終日もスコアを伸ばし通算14アンダーのトーナメントレコードで優勝を果たした。今季開幕戦から10試合、トップ10を外したのが1試合だけと常に優勝争いに加わっていた全が、昨シーズンの最終戦以来の勝利。今大会では会場がことなるが、3度目の栄冠を掴んだ。

また、今季のメジャー初戦「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ」から続いている海外勢の優勝は、5試合連続。1992年以来10年ぶりとなった。

通算11アンダー単独2位は李知姫(韓国)。日本勢の最上位は通算10アンダーの井芹美保子。通算9アンダー4位には笠りつ子とカン・スーヨン(韓国)の2人が並んだ。また大会連覇を狙った横峯さくらは、通算1アンダー27位タイ。1年以上優勝から遠ざかることになった。

李知姫のクラブセッティング

井芹美保子のクラブセッティング

笠りつ子のクラブセッティング

諸見里しのぶのクラブセッティング


李知姫が大会記録で今季2勝目!2位は森田理香子

◇国内女子◇中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン最終日◇中京GC石野コース(愛知県)◇6462ヤード(パー72)

11アンダーの単独首位から出た韓国の李知姫が「67」で回り、大会記録となる通算16アンダーまでスコアを伸ばして完全優勝を飾った。3日間トップの座を譲らず、3月の「Tポイントレディス」以来となる今季2勝目。2位の森田理香子に3打差をつける圧勝で日本女子ツアーで通算17勝目を挙げた。

単独3位には通算12アンダーの全美貞(韓国)。9アンダー4位タイに笠りつ子、吉田弓美子が入った。昨年度のチャンピオン野村敏京が「64」をマークし、通算8アンダーとして佐伯三貴、アン・ソンジュ(韓国)とともに6位タイ。有村智恵、原江里菜はともに7アンダーの9位タイだった。

李知姫のクラブセッティング

森田理香子のクラブセッティング

笠りつ子のクラブセッティング

佐伯三貴のクラブセッティング


アン・ソンジュがプレーオフの末、大会連覇!

今季の国内女子メジャー初戦は、大会名のワールドに相応しい世界レベルの戦いとなった。通算8アンダーでホールアウトしたモーガン・プレッセル(米国)、アン・ソンジュ(韓国)、朴仁妃(韓国)の3人によるプレーオフに突入し、その1ホール目でアンがバーディを奪い史上5人目の大会連覇を達成した。

予選2日間首位をキープし大会をリードしていたプレッセルは、中盤にボギーを連発し2位集団に飲み込まれてしまった。2年ぶりの大会制覇とはならなかった。

1打差の通算7アンダー単独4位は中国のフォン・シャンシャン。通算6アンダー5位タイには全美貞と申智愛の韓国勢2人。そして、通算5アンダー単独4位に宮里美香が日本人選手最上位に食い込んだ。

2週前に米ツアーを制し凱旋帰国して大会に出場した宮里藍は、スコアを1つ落として通算3アンダー。不動裕理、茂木宏美などと並び10位タイに終わった。

宮里美香のクラブセッティング

宮里藍のクラブセッティング

上原彩子のクラブセッティング

茂木宏美のクラブセッティング


有村、故障を乗り越え今季初勝利! 横峯は単独2位

難コースとして名高い鶴舞CCらしからぬ、バーディ合戦の展開となった最終日。首位タイからスタートした有村智恵が7バーディ、ノーボギー、コースレコードとなる「65」をマーク。通算15アンダーで今季初勝利を飾り、ツアー通算11勝目を手にした。

昨年8月に痛めた左手首の回復が遅れ、今季は開幕戦から3試合を欠場。しかし復帰後はトップ10入り2度、そして今週の勝利と、およそ1ヶ月分の出遅れを取り戻すように破竹の勢いを見せている。2年前、首位発進ながら悔しい逆転負けを喫した舞台は今年、有村の健在ぶりを告げる歓喜の場となった。

通算10アンダーの単独2位に横峯さくら。通算9アンダーの3位タイに、申智愛(韓国)と森田理香子が続いた。

有村智恵のクラブセッティング

横峯さくらのクラブセッティング

森田理香子のクラブセッティング

若林舞衣子のクラブセッティング

宮里藍が今季初勝利!ツアー通算8勝目

◇米国女子◇LPGAロッテ選手権 最終日◇コオリナCC(ハワイ州)◇6,421ヤード(パー72)

宮里藍が後続に3打のリードで迎えた最終日、4バーディ、2ボギーの通算12アンダーで逃げ切り、2位に4打差をと広げて今季初勝利を飾っている。

宮里は6番(パー4)でバーディが先行。しかし9番(パー4)をボギーとしイーブンパーで前半を折り返した。その後半、3日目に「ホールのマネジメントが良くなかった」とボギーとした12番(パー3)を、この日も再びボギーとするが、続く13番(パー5)できっちり取り返しバーディを奪取。15番、17番でもバーディを奪って通算12アンダーとスコアを伸ばした。

最終日に韓国のミーナ・リーが、序盤に3連続バーディを奪う猛攻で首位タイに浮上するも、最終18番で痛恨のダブルボギーを叩いて失速。宮里がそのまま逃げ切り、ツアー通算8勝目を飾った。

通算8アンダーの2位タイには、リーほか、アサハラ・ムニョス(スペイン)、通算7アンダーの4位タイにはクリスティ・カー、リュ・ソヨン(韓国)の2選手が並んだ。さらに通算6アンダーの単独6位には、スーザン・ペターセン(ノルウェー)が続いた。

そのほか日本勢の上田桃子は、3バーディ、3ボギーとスコアを伸ばせず、通算3アンダーの12位タイ。金子絢香は最終日「79」と大きく崩れて通算8オーバーの67位タイでフィニッシュしている。

宮里藍のクラブセッティング

申智愛のクラブセッティング

上田桃子のクラブセッティング


大江香織がツアー初優勝を果たす!

川奈の地でまたしてもニューヒロインが誕生した。通算7アンダー単独2位で最終日を迎えた大江香織が、スコアを2つ伸ばして通算9アンダーでホールアウト。追いすがる全美貞(韓国)を1打差で振り切ってツアー初優勝を果たした。

09年にプロテストに合格し、2011年に初シードを獲得。そして、早々のツアー初勝利。急速な成長を続ける22歳は、「夢みたいです・・・」と実感の湧かない表情を浮かべていた。

通算7アンダー3位には横峯さくら、服部真夕、福田裕子の3人。通算5アンダー6位タイには原江里菜、馬場ゆかり、そして単独首位でスタートした飯島茜などが並んだ。その他では笠りつ子と斉藤愛璃が通算5オーバーの44位タイとなった。

大江香織のクラブセッティング

服部真夕のクラブセッティング

茂木宏美のクラブセッティング

原江里菜のクラブセッティング

若林舞衣子が逃げ切りで4シーズンぶりの優勝!

国内女子◇西陣レディスクラシック最終日◇熊本空港カントリークラブ(熊本県)◇6482ヤード(パー72)

4アンダーの首位タイから出た若林舞衣子が「69」をマークし、通算7アンダーとして、2位の茂木宏美に2打差をつけて逃げ切った。2008年の「SANKYOレディース」以来、4シーズンぶりとなるツアー通算2勝目。通算4アンダーの3位タイに井芹美保子、金田久美子が入った。

地元熊本で今季初勝利を狙った有村智恵は通算1アンダー。佐伯三貴、笠りつ子、鬼澤信子と同じく8位タイでフィニッシュ。横峯さくらは通算1オーバーの20位タイで3日間大会を終えている。

「苦手な後半に入って悪いイメージがよぎったけど、素振りやシャドースイングをしながら振り払った」。13番(パー3)では1mを外してのボギーを叩くなど一時は茂木宏美に並ばれるが、16番(パー3)で4mを沈めバーディ、さらに最終18番(パー5)も残り68ヤードの3打目をピン手前1.5mにつけ、ついに待ち焦がれた瞬間を迎える。このウィニングパットを真ん中から沈めガッツポーズで大歓声に応え、長く続いた不振からの復活を告げた。

若林舞衣子のクラブセッティング

茂木宏美のクラブセッティング

金田久美子のクラブセッティング

笠りつ子のクラブセッティング


佐伯三貴が逆転勝利!有村は5位Tフィニッシュ

◇国内女子◇スタジオアリス女子オープン最終日◇花屋敷ゴルフ倶楽部よかわコース(兵庫県)◇6,483ヤード(パー72)

気温12.3度、快晴で迎えた最終日、2日目に「69」をマークして単独2位に立った佐伯三貴が5バーディ、2ボギーの「69」をマークして、韓国の申智愛を逆転し、通算7アンダーでツアー通算4勝目を飾った。

この日最終組でスタートした佐伯と申。申は前半に2つのバーディを奪ってスコアを重ねる一方、佐伯は3バーディ、2ボギーと、一時は申が4打差と大きくリードを広げた。しかし申が17番を痛恨のダブルボギーでスコアを落として、佐伯とは1打差で最終ホールへ。最終18番、佐伯がバーディフィニッシュで申に並ぶと、申はパーパットをはずし、劇的逆転勝利を飾った。

通算3アンダーの単独3位には、イーブンパーでラウンドしたアマチュアの比嘉真美子が続いた。そのほか、15位タイからスタートした有村智恵は通算イーブンパーの5位タイ、横峯さくらは通算1オーバーの単独8位と大きく順位を上げて、ともにベスト10フィニッシュを果たしている。

佐伯三貴のクラブセッティング

有村智恵のクラブセッティング

横峯さくらのクラブセッティング

諸見里しのぶのクラブセッティング


笠りつ子が逆転! 混戦を制して今季初勝利

◇国内女子◇ヤマハレディースオープン葛城 最終日◇葛城GC山名コース(静岡)◇6,587ヤード(パー72)

2日目が降雨で中止となり36ホールに短縮。初日の第1ラウンドを終えた62位タイまでの74名(棄権した井上葉香を除く)により、決勝ラウンド18ホールが行われた。葛城“名物”の強風により上位が目まぐるしく入れ替わる展開となる中、7位タイからスタートした笠りつ子が4つ伸ばし、通算3アンダーで逆転勝利。4打差をひっくり返し、今季初勝利を手にした。

単独首位スタートの服部真夕は2つ落とし、3打差のリードを守り切れずに通算1アンダーの2位タイ。同じく2位タイに、「67」をマークしたイエ・リーイン(中国)のほか、一ノ瀬優希と茂木宏美が続いた。

横峯さくらはアン・ソンジュ(韓国)、ホステスプロの綾田紘子らと並び、通算5オーバーの21位タイ。7位タイからスタートした斉藤愛璃は「84」を叩き、通算13オーバーの65位タイに沈んだ。

笠りつ子のクラブセッティング

一ノ瀬優希のクラブセッティング

服部真夕のクラブセッティング

茂木宏美のクラブセッティング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。