上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴルフスイングレッスン 頭が目標方向へ流れる

ダウンスイングで頭が目標方向へ流れる理由は2つあります。
まず1つめの理由は、切り返し動作のタイミングが速くなることです。トップからダウンスイングに入る瞬間に「ボールをしっかりヒットしたい。」という気持ちの焦りが起こると、切り返し動作が速くなり、頭が目標方向へ流れてしまいます。

2つめの理由は、腕力に頼ってスイングすることにあります。十分な飛距離を得るために「力強くインパクトしたい!」と意識すると、腕に必要以上の力が入ってしまいます。これではスイングの主導権が、体から腕に移ります。その結果、頭や肩、そして腕といった上半身が、大きく目標方向へ動いてしまうのです。

本来ダウンスイングは、下半身が先行して始まるものです。しかし、上記の理由により上半身主導のスイングになると、バックスイングで作った体のねじれを早いタイミングで開放することとなってしまいます。その結果、十分なヘッドスピードが得られないだけでなく、アウトサイドイン軌道によるプルやプルスライスなどのミスが発生します。

では正しい切り返し動作とは?!

続きはこちら↓↓↓
ゴルフスイングレッスン 頭が目標方向へ流れる


テーラーメイドバーナーやナイキサスクワッチなど人気ゴルフ用品が格安

24時間リアルタイムゴルフ場予約サイト

GDO ゴルフ用品激安キャンペーン情報

スポンサーサイト

ゴルフスイングレッスン 前傾角度が浅くなる理由と改善方法

前傾角度が浅くなる理由はいくつかありますが、代表的な理由は腕の振りを加速させようとすることにあります。前傾角度が深くなると腕は伸び難くなり、浅くなれば腕が伸ばし易くなります。腕が伸びることで、クラブの加速度を高めることが可能になります。しかし、この腕の加速方法はメリットもありますが、デメリットもあるのです。

前傾角度が浅くなるとスイングプレーンがフラットになります。ちょうどコマが回転している映像をイメージすると分かりやすいでしょう。前傾角度が深くなればスイングプレーンはアップライトになります。反対に前傾角度が浅くなればスイングプレーンはフラットになります。

スイングプレーンがフラットになると、クラブヘッドが強いインサイド軌道でボールへ向かう為に、右方向へのプッシュが出やすくなります。そして、腕を伸ばすことにより、腕のねじれも大きくなりますから、フェースターンが強くなってフックボールの可能性も高まります。

問題解決方法は?!

続きはこちら↓↓↓
ゴルフスイングレッスン 前傾角度が浅くなる理由と改善方法


人気ゴルフ場 直近土日祝の新着空枠

ゴルフ用品激安お買得情報


シャンクが起こる原因とシャンクを防止する方法

シャンクが起こる原因はクラブフェースの向きとスイング軌道のズレにあります。
まずシャンクの原因を説明する前に、シャンクの仕組みについて詳しく説明しましょう。

シャンクとは、ネック部分の丸みを帯びた所にボールが当たることを言います。本来クラブのフェース面でボールを打ちたいところなのですが、何らかの理由によりネック部分でボールを打ってしまうのです。テニスに置き換えて考えると、ラケットのフレーム部分にボールが当たっている状態ですね。

シャンクの原因は、まずフェースが開いた状態になっていることが考えられます。クラブフェースがオープンになれば、ネック部分が一番先にボールに向かうこととなり、コンタクトしやすくなります。次にスイング軌道がずれていることが考えられます。アウトサイドイン軌道や、インサイドアウト軌道が強くなると、フェースのセンターで打つことが難しくなります。つまり、フェース面以外のネック部分に当たる可能性も高まるという訳です。

この2つの組み合わせにより、シャンク発生の確率が高まることもあります。特にシャンクが発生しやすい組み合わせは、オープンフェース&インサイドアウト軌道です。アイアンでドローボールを狙った時や、アプローチショットで高く柔らかい球を求めた時に、この組み合わせが作られるので注意が必要です。

ではシャンクの防止方法とは?

続きはこちら↓↓↓
ゴルフスイングレッスン シャンクが起こる原因とシャンクを防止する方法


テーラーメイドやナイキ・ツアーステージ・ゼクシオなど人気ゴルフ用品が激安超特価!

24時間いつでも予約できて超お得なゴルフ場予約サイト


ゴルフスイングレッスン ダウンスイングでクラブが振り遅れる

飛距離アップのために「ダウンスイングで溜めを作れ!」というアドバイスを実践していませんか?これは間違ったアドバイスではありませんが、正しく理解をしないとクラブが振り遅れることになってしまいます。

まず“溜め”とは、体幹と腕のねじれによって生まれる、体とクラブの時間差のことです。溜めが無ければクラブの運動量が少なくなるので、ヘッドスピードを加速させることはできません。しかし、この溜めを作るだけではダメです。ヘッドスピードを加速させる為には、バックスイングで作った溜めを上手く“開放”することなのです。

あなたはバックスイングで作った腕のねじれを、インパクトまで維持させようとしていませんか?
クラブが振り遅れる原因は、溜めをインパクトまで維持しようとすることなのです。これではクラブヘッドが加速しないだけでなく、スイング軌道が極端なインサイドアウトになり、フェースも開いた状態となります。その結果、プッシュやプッシュスライスなどのミスショットが発生してしまいます。

ではうまく溜めを開放するためのポイントはどこにあるのでしょうか。

続きはこちら↓↓↓
ゴルフスイングレッスン ダウンスイングでクラブが振り遅れる


テーラーメイドバーナーやナイキサスクワッチなど人気ゴルフ用品が格安

ゴルフダイジェスト・オンラインで人気のゴルフ場を予約する!


ゴルフスイングレッスン ダウンスイングで膝が流れる

ダウンスイングで膝が流れてしまう人は、体重移動に問題があります。大きな体重移動が大きな飛距離を生むと考えて、過度に体重移動を行なっていませんか?確かに体重移動は、スイングスピードと密接に関係しています。しかし、過度な体重移動はヘッドスピードを加速できないだけでなく、スイング全体のバランスも崩してしまいます。

下半身はスイングの土台の役目をするものです。この土台が動き過ぎてしまっては、安定した軸回転が不可能となります。軸が不安定になれば、スイング軌道やフェースの向きにも悪影響を及ぼします。

膝が流れることにより、軸が後足方向へ傾くと極端なインサイドアウト軌道が作られます。これでは大きなフックボールや、右方向へのプッシュボールが出てしまいます。または、膝だけでなく上半身も目標方向へ流れてしまうと、極端にダウンブローで打つことになり、 弾道が低くなってしまいます。この様な状態から高弾道を求めると、手首のリリースが早くなり、ダフりやトップといった不安定なショットが生まれます。

では膝が流れないようにするためにはどうすればよいのでしょうか?

続きはこちら↓↓↓
ゴルフスイングレッスン ダウンスイングで膝が流れる


ゴルフ用品 最新超お買得セール情報

人気ゴルフ場予約 直近土日祝の新着空枠



オーバースイングになってしまう

オーバースイングが起こる理由は、一般的に良いと言われるトップの位置へクラブを運ぼうとすることが原因です。トップではシャフトがターゲット方向を向いて、地面と平行になる位置が正しいトップだと思っていませんか?このトップの位置を意識することで問題は起こるのです。

トップで脇が開き、腕だけが単独で動く様なオーバースイングは問題です。何故ならば、体に対して腕の運動量が多くなっている為、ダウンスイングでクラブが振り遅れてしまうからです。これでは弾道が安定しないだけでなく、十分な飛距離も得られません。ではオーバースイングにならない、バランスのよいトップをつくるためにはどうすればよいのでしょうか?

続きはこちら↓↓↓
ゴルフスイングレッスン オーバースイングになってしまう


世界最大級のゴルフショップで過激に最大20%ポイント還元!

24時間超お得なリアルタイムゴルフ場予約サイト

プーマなど新作キャディバッグが当たる


バックスイングのスイングプレーンが安定しない

いくら練習しても「クラブの動きが全く安定しない。」といった悩みを抱えるゴルファーは少なくありません。
クラブを良い位置へ運ぶことばかりを気にしてスイングをすることで、このような問題が発生します。スイング修正のつもりの練習が、結果的にスイングのバランスを一層悪くしてしまうこともあります。
良いショットを打つために重要なことは、クラブを理想的なポジションへ運ぶことではなく、体と腕の動きの関係を改善して、結果的にクラブが理想的なポジションを通るようにすることなのです。クラブの位置を気にする前に、ミスの根源は何なのかを見つける事が大事です。

続きはこちら↓↓↓
ゴルフスイングレッスン バックスイングのスイングプレーンが安定しない


激安ゴルフ用品情報と格安プレー情報のゴルフダイジェスト・オンライン

ゴルフダイジェスト・オンラインで人気のゴルフ場を予約する!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。