上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤本佳則プロ5戦目でメジャーを制覇!

◇国内男子◇日本ゴルフツアー選手権 Citibank Cup Shishido Hills 最終日◇宍戸ヒルズカントリークラブ(茨城県)◇7313ヤード(パー71)

スーパールーキーがプロ転向5戦目で国内メジャータイトルを掴んだ。2戦前の「とおとうみ浜松オープン」で最終日を首位で迎えながら、2位に終わった藤本佳則が、今季のメジャー2戦目で通算13アンダーでホールアウトし、ツアー初優勝を果たした。

11アンダー単独首位でスタートした藤本は、14番までに14アンダーまでスコアを伸ばした。しかし、難易度の高い17番でボギーをたたくと、最終18番もパーオンできずピンチを迎える。しかし落ち着いてパーセーブし満面の笑みを見せた。

終盤の16番、17番で連続バーディを奪い藤本に接近した上平栄道が、惜しくも単独2位に終わった。通算10アンダー単独3位は池田勇太。後半に入り3連続バーディを奪い12アンダーとして、藤本に1打差まで迫った池田だったが、スコアを伸ばしたい15番パー5で痛恨のダブルボギー。今季初勝利とツアー通算10勝はならなかった。

上平栄道のクラブセッティング

池田勇太のクラブセッティング

平塚哲二のクラブセッティング

キム・キョンテのクラブセッティング

スポンサーサイト

藤田寛之が逃げ切り、今季2勝目を手に!

◇国内男子◇ダイヤモンドカップゴルフ 最終日◇ザ・カントリークラブ・ジャパン(千葉県)7199ヤード(パー72)

2位に3打差のリードをつけて単独首位からスタートした藤田寛之が、2つのダブルボギーを叩くなど「73」と崩れたものの、終わってみれば2位に3打差をつける通算14アンダーで逃げ切り勝利。今季2勝目、ツアー通算13勝目を手にした。

通算11アンダーの単独2位に、タイのキラデク・アフィバーンラト。藤田に付き合うようにサンデーバックナインでスコアを崩し、ツアー初優勝のチャンスを逃す結果に終わった。通算10アンダーの3位タイに今野康晴、白潟英純、2週連続優勝がかかっていたジェイ・チョイ。通算9アンダーの6位タイに、藤本佳則と兼本貴司が続いた。

藤田寛之のクラブセッティング

今野康晴のクラブセッティング

武藤俊憲のクラブセッティング

ジェイ・チョイのクラブセッティング


J.チョイが逆転でツアー初優勝!藤本佳則は1打及ばず

◇国内男子◇とおとうみ浜松オープン最終日◇グランディ浜名湖ゴルフクラブ(静岡県)7054ヤード(パー72)

9アンダーの3位タイから出たジェイ・チョイ(米国)が7バーディ、ノーボギーの「65」をマークし、通算16アンダーとして日本ツアー初優勝を飾った。14アンダーの単独首位で最終日を迎えた藤本佳則は終盤に失速し「71」。通算15アンダーの2位と逆転を許し、ツアー史上最速のプロ転向後3戦目での初勝利はならなかった。

通算14アンダーの谷原秀人が単独3位。13アンダー4位にカート・バーンズ(オーストラリア)が続いた。武藤俊憲、近藤共弘らが通算10アンダーの6位タイ。通算9アンダーの10位タイに谷口徹、藤田寛之、池田勇太、小田孔明ら7人が入った。

6アンダーの14位タイから最終ラウンドをプレーした石川遼はスコアを2ストローク落とし、通算4アンダーの41位タイに終わった。

谷原秀人のクラブセッティング

武藤俊憲のクラブセッティング

近藤共弘のクラブセッティング

ブレンダン・ジョーンズのクラブセッティング


谷口徹がメジャー通算4勝目! 深堀は1打及ばず

国内男子◇日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯 最終日◇烏山城カントリークラブ(栃木県)◇7,193ヤード(パー72)

後続に2打差をつけて単独首位からスタートした谷口徹が、1バーディ、2ボギーの「73」で回り、通算4アンダーで逃げ切り勝利。連日の凌ぎ合う展開を粘りのプレーで制し、2010年に続く大会2勝目、メジャー通算4勝目を手にした。

通算3アンダーの単独2位に、7シーズンぶりのタイトルまで僅か1打及ばなかった深堀圭一郎。通算1アンダーの単独3位に薗田峻輔。通算1オーバーの4位タイに金度勲(韓国)と谷原秀人。通算2オーバーの6位タイに、ホストプロの池田勇太ほか6人が並んだ。

谷口徹のクラブセッティング

深堀圭一郎のクラブセッティング

薗田峻輔のクラブセッティング

谷原秀人のクラブセッティング


池田が逆転優勝! 次週の日本プロに弾み

千葉県の麻倉GCで開催された「ザ・レジェンド・チャリティプロアマトーナメント」最終日。首位に4打差の6位タイからスタートした池田勇太が、8バーディ、1ボギーの「65」で回り、通算10アンダーで逆転優勝を果たした。通算9アンダーの2位タイに、倉本昌弘、平塚哲二、近藤共弘の3人。大会連覇がかかっていた室田淳は通算8アンダーの単独5位、石川遼は通算4アンダーの11位タイで終えた。

日中を通して吹き荒れた強風をものともせず、池田はこの日のベストタイとなる「65」をマーク。「こんなに風が強い中で、7つも伸ばせるとは思っていなかった。朝からすごく良いゴルフができて、昨日はパッティングが苦しい部分もあったけど改善できた」と会心のラウンドを振り返った。

池田勇太のクラブセッティング

石川遼のクラブセッティング

丸山茂樹のクラブセッティング



I.J.ジャンが7シーズンぶりの勝利! 石川は11位タイ

4位タイからスタートしたI.J.ジャン(韓国)が5バーディ、1ボギーの「66」で回り、通算8アンダーで逆転勝利。プレーオフで敗れた昨年大会のリベンジを果たすとともに、05年「三菱ダイヤモンドカップ」以来となる7シーズンぶりのツアー通算2勝目を手にした。

通算6アンダーの2位タイに、スティーブン・コンラン(オーストラリア)と白佳和。通算4アンダーの4位タイに、谷原秀人とプラヤド・マークセン(タイ)が続いた。石川遼は3バーディ、3ボギーと伸び悩み、高山忠洋らと並び通算2アンダーの11位タイで4日間を終えている。

久保谷健一のクラブセッティング

高山忠洋のクラブセッティング

石川遼のクラブセッティング

藤田寛之が2年ぶり大会制覇!石川は20位タイ

2010年大会を制した藤田寛之が、終始安定したゴルフで通算15アンダーまでスコアを伸ばし、2位以下に4打差をつけて今季初勝利を果たした。11アンダー単独2位でスタートした藤田は、前後半2つずつのバーディを奪いボギーはなし。昨シーズンの最終戦以来の優勝となった。

単独2位は通算11アンダーの韓国の新鋭キム・キョンフン。さらに1打差の通算10アンダー3位タイには小田龍一、すし石垣、そして先週の開幕戦でも活躍した新人の川村昌弘が食い込んでいる。

通算9アンダー6位タイには諸藤将次、市原弘大、チョ・ミンギュ(韓国)の3人。序盤スコアを伸ばして藤田と競っていたキム・キョンテ(韓国)は、後半にスコアを崩し、矢野東、谷原秀人、上井邦浩と並び9位タイに終わった。

また、今大会5度目の出場で初めて予選を通過した池田勇太は通算6アンダー17位タイ。22位タイからの巻き返しを狙った石川遼は、通算5アンダー20位タイとなった。

藤田寛之のクラブセッティング

矢野東のクラブセッティング

池田勇太のクラブセッティング

石川遼のクラブセッティング

B.ジョーンズが逆転で開幕戦V!遼は伸ばせず10位

国内男子◇東建ホームメイトカップ最終日◇東建多度カントリークラブ・名古屋(三重県)◇7081ヤード(パー71)

首位に3打差の6アンダー6位タイから出たブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)が9バーディ、ノーボギーの「62」を叩きだし、通算15アンダーとしてツアー通算11勝目を2012年の開幕戦で飾った。

2打差の2位に小田龍一。通算12アンダーの3位に小山内護が続いた。3日目を終えて単独首位の片山晋呉は谷原秀人、冨山聡と同じく通算11アンダー4位タイ。今大会がプロ転向後初戦となった藤本佳則が「64」をマークして通算10アンダー、7位に食い込んだ。

7アンダーの3位タイから出た石川遼は「71」とスコアを伸ばせず、池田勇太、藤田寛之、星野英正と並び通算7アンダーの10位タイに終わっている。

ブレンダン・ジョーンズのクラブセッティング

片山晋呉のクラブセッティング

石川遼のクラブセッティング


タイガー復活!2位に5打差で優勝 石川は53位タイ

2日目に首位タイ、そして3日目に1打差単独首位に浮上したタイガー・ウッズが、最終日もスコアを伸ばした。2番でボギーを先行させるが、その後4つのバーディを積み重ね、2位以下を突き放しにかかる。後半は1ボギーとなったが、2位に5打差の通算13アンダーで同一大会7勝目。ツアー通算72勝目を果たした。

通算8アンダーの単独2位は北アイルランドのグレームマクドウェル。タイガーと最終組で直接対決となったが、1番でダブルボギーをたたき、6番パー5でイーグルを奪うもその後はスコア崩してしまった。単独3位には通算6アンダーのイアン・ポールターが入っている。

2年ぶりの決勝ラウンド進出を果たした石川遼は、通算2オーバーの50位タイからスタートし、出足で3連続ボギーと躓いてしまう。しかし、その後はスコアを落とさず通算5オーバーで踏ん張り、53位タイで4日間の戦いを終えた。

石川遼のクラブセッティング

タイガー・ウッズのクラブセッティング


石川遼は2打及ばず惜敗! 単独2位で米ツアー初制覇ならず

石川遼が、米国ツアー初制覇に最も近づいた瞬間だった。首位に3打差の5位タイ、最終組の3組前からスタートすると、2番(パー5)でバーディ先行。5番(パー5)ではティショットを池に打ちこむボギーで前半をイーブンで終えるが、サンデーバックナインに入り猛追が始まる。10番、11番(パー3)と連続バーディを奪うと、12番でボギーを叩くも、15番(パー5)で7mを沈めるバーディで首位に1打差。さらに17番、最終18番(パー5)と連続バーディで締めて「68」をマーク。通算14アンダーの首位タイでホールアウトし、後続組の結果を待った。

一方、単独首位からスタートしながら15番までイーブンと伸び悩み、石川に捕らえられたジョージ・マクニールだったが、終盤に勝負強さを発揮。16番(パー3)、17番と連続バーディを奪い通算15アンダーで再び単独首位に立つと、最終18番もバーディで締める3連続バーディフィニッシュ。通算16アンダーで勝利を飾った。石川は2打及ばずの単独2位に終わり、青木功、丸山茂樹、今田竜二に次ぐ日本人4人目の米ツアー制覇は惜しくも叶わなかった。

通算13アンダーの3位タイにブー・ウィークリーとヘンリック・ステンソン(スウェーデン)。通算12アンダーの5位タイにスコット・ブラウンとマット・ジョーンズ(オーストラリア)が続いた。

石川遼のクラブセッティング

今田竜二のクラブセッティング

丸山茂樹のクラブセッティング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。